C−BOARD
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃利用規約  
37 / 892 ツリー ←次へ | 前へ→

【35387】HDF  小分子、低分子蛋白 優先的除去は? たく 18/1/18(木) 23:43 [未読]
【35388】Re:HDF  小分子、低分子蛋白 優先的除去... ヌーボー25 18/1/19(金) 8:40 [未読]
【35391】Re:HDF  小分子、低分子蛋白 優先的除去... たく 18/1/20(土) 10:02 [未読]
【35393】Re:HDF  小分子、低分子蛋白 優先的除去... ヌーボー25 18/1/20(土) 17:24 [未読]
【35389】両方満足させます。 草刈 18/1/19(金) 18:17 [未読]
【35392】Re:両方満足させます。 たく 18/1/20(土) 10:17 [未読]
【35395】Re:両方満足させます。 ヌーボー25 18/1/21(日) 8:20 [未読]
【35397】Re:両方満足させます。 草刈 18/1/22(月) 21:25 [未読]

【35387】HDF  小分子、低分子蛋白 優先...
←back ↑menu ↑top forward→
 たく  - 18/1/18(木) 23:43 -

引用なし
パスワード
   オンラインHDFは低分子蛋白など
大きい分子を除去したい目的などで治療されていると思われます。
ここで置換量は増やせば低分子蛋白の除去は上がるが小分子の除去も置換量を増やせば増やすほど低下すると思われます。(機械によっては置換量と透析液量は別もありますが、今回は同じ密閉式の
タイプで話します)
Albの漏出も考えますが、それは今は考慮しないと考えれば、小分子が低下してでも低分子蛋白(α1-mgなど)の方が優先的に除去した方がいいと思われますか?

低分子蛋白はかゆみ、いらいら、合併症の原因になる物質があると言われていのでこちらを優先と考えてるのか、
KT/vの低下は死亡率を高くするとデータもあるので色々考えてしまいます。

【35388】Re:HDF  小分子、低分子蛋白 ...
←back ↑menu ↑top forward→
 ヌーボー25  - 18/1/19(金) 8:40 -

引用なし
パスワード
   ▼たくさん:
>オンラインHDFは低分子蛋白など
>大きい分子を除去したい目的などで治療されていると思われます。

すべての患者さんに オンラインHDFは適応可能ですので
目的も各患者さんによって 違ってくるかと 思います。

>ここで置換量は増やせば低分子蛋白の除去は上がるが小分子の除去も置換量を増やせば増やすほど低下すると思われます。(機械によっては置換量と透析液量は別もありますが、今回は同じ密閉式の
>タイプで話します)
>Albの漏出も考えますが、それは今は考慮しないと考えれば、小分子が低下してでも低分子蛋白(α1-mgなど)の方が優先的に除去した方がいいと思われますか?

α1MGの除去を 増やすと アルブミンの除去も 増えてしまいます。
アルブミンの漏出も 考えなければ なりません

どっちを優先するのか 考えることは ありませんでした
QDを増量 QBをアップさせれば 小分子の透析量は HDと同じにできます。 

>低分子蛋白はかゆみ、いらいら、合併症の原因になる物質があると言われていのでこちらを優先と考えてるのか、
>KT/vの低下は死亡率を高くするとデータもあるので色々考えてしまいます。

高効率の透析量を 第一に考えながら α1MGの除去アップを考えるのなら
後補液HDFでしょうか。


私のオンラインHDFの条件を 考えるとき
生体適合性 
BUNの除去率 80%以上 spKT/V2.3程度が 食事量からの上限かと
考えてます
β2MGの除去率 80%以上
α1MGの除去率 40%以上 
アルブミン値 透析前で 4以上
PVP BPA が含まれていないこと 

を考えて 総合的に 決めました

目的は 合併症の予防 遅延 元気で長生き のため

対象除去物質は 小分子から アルブミン アルブミン結合尿毒素まで

【35389】両方満足させます。
←back ↑menu ↑top forward→
 草刈  - 18/1/19(金) 18:17 -

引用なし
パスワード
   ▼たくさん:

両方を満足させるために、血流量・透析時間延長が必要です。

アルブミンは低下する事が多いですが、リンを気にせずにたんぱく質を摂取することが可能ですので、ほとんどの場合問題になりません。

透析用アミノ酸の投与なども併用します。

4時間透析で、補液量(ろ過液量)をやたらと上げて、α1MGやβ2MGの『除去率』を上げて喜んでいてはいけませんね。

【35391】Re:HDF  小分子、低分子蛋白 ...
←back ↑menu ↑top forward→
 たく  - 18/1/20(土) 10:02 -

引用なし
パスワード
   ▼ヌーボー25さん:

>高効率の透析量を 第一に考えながら α1MGの除去アップを考えるのなら
>後補液HDFでしょうか
>
そうですね。後希釈HDFも試したのですが、患者間でよ漏出albのばらつきが大きかったためコントールするのが難しい印象がありました。

>私のオンラインHDFの条件を 考えるとき
>生体適合性 
>BUNの除去率 80%以上 spKT/V2.3程度が 食事量からの上限かと
>考えてます
>β2MGの除去率 80%以上
>α1MGの除去率 40%以上 
>アルブミン値 透析前で 4以上
>PVP BPA が含まれていないこ

α1MGの除去率を40%までだと
アルブミン漏出はどれくらい抜けているんでしょうか?

結構抜けてそうなイメージがあるんですが、透析前の値が4以上と見ているので
食事がしっかり摂取できているなら許容範囲なんですかね。

【35392】Re:両方満足させます。
←back ↑menu ↑top forward→
 たく  - 18/1/20(土) 10:17 -

引用なし
パスワード
   ▼草刈さん:
>▼たくさん:
>
>両方を満足させるために、血流量・透析時間延長が必要です。
>
>アルブミンは低下する事が多いですが、リンを気にせずにたんぱく質を摂取することが可能ですので、ほとんどの場合問題になりません。
>
>透析用アミノ酸の投与なども併用します。
>
>4時間透析で、補液量(ろ過液量)をやたらと上げて、α1MGやβ2MGの『除去率』を上げて喜んでいてはいけませんね。
ご指摘ありがとうございます。
四時間透析でもα1MGやβ2MGの『除去率』を上げないよりは上げた方がいいのかなとも考えてはいるんですが、どうですかね。
血流量や透析時間の延長も今の状態が
中々増やすのが難しい場合、小分子除去を落とすくらいならα1MGやβ2MGの除去は上げない方がいいと思われますか?

【35393】Re:HDF  小分子、低分子蛋白 ...
←back ↑menu ↑top forward→
 ヌーボー25  - 18/1/20(土) 17:24 -

引用なし
パスワード
   ▼たくさん:

アルブミンの除去量は 測定していません。
6.5時間 QB330 QD700 QS250 MFX−25U DW76
の条件で α1の除去率は 40%程度になりました。
5g前後のアルブミン漏出は あるだろうとは 思ってます。
まあ 腎臓でも 数g/1日 ろ過されていると聞きますし 
アルブミン前値が 4はあるので 問題ないかと 判断してます。

現在 FIX−250S QS300 で やっています
α1の除去率は 30%程度になります。アルブミンの漏出量も減っているでしょう

【35395】Re:両方満足させます。
←back ↑menu ↑top forward→
 ヌーボー25  - 18/1/21(日) 8:20 -

引用なし
パスワード
   ▼たくさん:

>四時間透析でもα1MGやβ2MGの『除去率』を上げないよりは上げた方がいいのかなとも考えてはいるんですが、どうですかね。

私は 上げたほうが良い と 18年前より 考えてきました。

>血流量や透析時間の延長も今の状態が
>中々増やすのが難しい場合、小分子除去を落とすくらいならα1MGやβ2MGの除去は上げない方がいいと思われますか?

QDも増やせないのですね

少量の後補液HDF GDFやMFX−U NVF−P など 後補液には使いにくいもの を使用



2−b 型ダイアライザーでの HD

小分子からβ2MGの除去と β2MGよりも大きいものの除去と どっちを優先するのか
小分子からβ2MGまで です 私は

【35397】Re:両方満足させます。
←back ↑menu ↑top forward→
 草刈  - 18/1/22(月) 21:25 -

引用なし
パスワード
   ▼たくさん:

>中々増やすのが難しい場合、小分子除去を落とすくらいならα1MGやβ2MGの除去は上げない方がいいと思われますか?

ここは、昔は悩ましいところでした。
が、ダイアライザーや、ヘモダイアフィルターの性能が上がり、どっちも満足できる設定をする事が出来ると認識しています。

実際の臨床では、どれを優先させるか、悩ましい事も多いので、貴殿の透析量がどの程度か 判らないのでもなんとも言えません。

37 / 892 ツリー ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃利用規約  
ページ:  ┃  記事番号:   
1323709
(SS)C-BOARD Legacy v0.95.06 beta
Webmaster Dr.Kusakari & nikkori